鉄人シェフプロデュースによるスペシャルメニュー スペシャルコンテンツ『鉄人シェフのゴルフライフ』坂井 宏行

ゴルフとの出会い

写真:坂井 宏行

ゴルフとの出会いは、実は遅かったんですよ。40代後半になってからですね。
38歳で店を持って、仕事に没頭していた時代には、興味がなかったんです。
10年くらい経って、いろんな付き合いが増えて、友人たちから「ゴルフできないと誘われないよ!」ってね。47、8才で始めたんですよ。
料理人仲間も、結構コンペをやっていたり、いろんなお客さんからもゴルフに誘われたりしてね。
集中して練習もしましたよ。今はなくなっちゃったけど、芝公園の練習場でね、毎日(笑)

去年は海外が多かったので、54ラウンドできました。だいたい年38ラウンド平均ってとこでしょうか?
陳さんは、メジャーリーガーのイチローと張り合ってるみたいだけどね(笑)

僕は、意外に集中して取り組むほうなんですよ。
始めた当初は、クラブとかウェアもばっちり揃えてね、自分にプレッシャーをかけるんですよ。これだけ揃えたんだから、うまくなんなきゃってね。

素敵なパートナーと楽しくラウンド

写真:坂井 宏行

ゴルフは、素敵なパートナーたちがいて、4人のチームで楽しくラウンドできることが、
本当に魅力だよね。
プロじゃないので、スコアが全てじゃないから。(でもスコアも気になるんだけどね・・・)
4-5時間は、一緒にラウンドして、日頃できない会話を楽しんで、一緒にラウンドしてよかったなと、思いたいし、思われたいしね。
そうやって、明日の仕事に繋げていければ良いと思っている、自分のパワーになるんだよね。

料理人というものは、包丁を使って、素材を自由にできるんだけど、ゴルフは止まっているボールが自由にならないんだよね。
単純なスポーツなんだけど、とても奥が深い。それが、ゴルフの醍醐味だし、魅力。
プレーヤーを苦しくさせることも多々あって、次に繋がっていく、どんどんゴルフが好きになっていくよね。

また、ファッションも重要。日頃から、自分に合う色やスタイルを選ぶように気をつけています。天候や同伴プレーヤーに合わせたチョイスもしたりしますね。
それとゴルフウェアに気を使う人って、見て判るし素敵だよね。

打倒、陳建一!

写真:坂井 宏行

得意なクラブは、ドライバーと7番アイアンかな。
ドライバーは飛ばしたいね、飛ばしてナンボだよね。
今までのベストスコアは、北海道で出した78ですね。

当面の目標は、「打倒、陳建一!」だよ(笑)。
なかなか勝てないんだけど、陳さんに勝つと本当にうれしいんだよね。
それには年間100ラウンドはしないとね。

陳さんは、素敵な人でジャンルは違うんだけど、とても気が合う友人なんです。
毎年、陳さんとは中国ゴルフ合宿をやっててね、3日間で最低でも5ラウンドはしますよ。
日の出とともにゴルフをして、1.5~2ラウンドして、おいしい中華料理を食べて・・・。
仕事を離れてメチャ楽しい時間ですね。

人生の楽しいポケット

写真:ロールキャベツ

いろんなゴルフ場に行きましたけど、もちろん、そのゴルフ場の食事には興味がありますね。
さらに、ゴルフコースは、景観が最大の魅力かな、解放感のあるコースレイアウトにめぐり合うと、さあゴルフやるぞって気になりますね。
思い出に残っているコースはね、ハワイのオアフ島にあるワイアラエカントリークラブですね。
実は、初めてラウンドした時に、174ヤードぐらいのショートホールで、何と
ホールインワンしちゃったんです。

写真:坂井 宏行

向こうでは、ゴルフ場からトロフィー貰ったり、お祝いしてくれたりと大騒ぎになっただけでなく、何と次の日の新聞に大きく紹介されてね、「鉄人は、ゴルフも鉄人だ」って(笑)
本当に良い思い出でです。

ゴルフ、本当に何が起きるかわからないところがあって、そう、
「人生の楽しいポケット」だと思いますね。

最後に、今回のスペシャルメニューのプロデュースですが、ゴルフ場のメニューを手がけるのは初めてなんです。とってもプレッシャーを感じています。
ゴルフ場では、プレーが中心ですよね、短いインターバルの時間の中で、昼食を取るわけなので、食べ過ぎにならないボリュームとやさしさに気をつけました。
料理人の目線やごだわりではなく、ゴルファー目線でメニューを開発したんです。
ロールキャベツは、僕の得意な惣菜メニューなんですよ。
皆さん、是非この機会に食していただき、ゴルフをもっと楽しんでください!

取材後記

坂井さんは、繊細で気配りの人という印象を強く受けました。取材後もたくさんのスタッフと記念撮影をしたり、そこにいる全ての人と同じ時間を共有することの大切さを知っている人でした。それが坂井フレンチの一品一品に込められているんですね。陳さんとのライバル対決、今年の勝敗はどうなりますか?

前に戻る

スペシャルコンテンツ「陳 建一のゴルフライフ」


▲ページのトップへ