HOME > 東北 > 利府ゴルフ倶楽部 > 利府物語

利府物語

松島

十里の符「利府町」という町

仙台は、かつて伊達藩六十二万石の城下町として、現在は中枢都市として東北の政治、経済、文化の中心となっている。
その仙台市をバックアップする町のひとつが利府町である。
※「みちのくの十符の菅薦 七符には君をねさせて われ三符にねむ」
(夫木和歌抄)と歌枕「十符の里」の地利府町は、南西に仙台市、北東に多賀城市、塩竈市、松島町を配し、宮城県内の東西南北のほぼ中央に位置している。
地理的には、言わば宮城県のへそ的存在だ。
日本三景のひとつ名勝・松島に代表される、みちのくの豊かな自然が残る、光と緑のあふれるとても美しい町である。

※古代、都に献上された「菅薦(すがごも)」という敷物の網目が十筋あることから、この地域を十符の里と呼ばれるようになったと言われています。そして都の人々はこの菅薦を見て果てしないみちのくへの夢を歌にしました。ここに紹介した歌は広く愛唱された恋歌で「十符の里」は歌枕のひとつになっています。

利府町は、かつて「里の国府」と呼ばれていたそうだ。
それが「里府(さとのふ)」と変化し、さらに「りふ」と読まれるようになり、「利府」になったといわれている。
利府町の「利府」の語源は諸説あるが、この説が最も有力だ。
そしてこの説が正しければ、古代中期、末期の頃にみちのくの政治の実務が、利府町内のどこかで執行されていたことになる。
つまり、かなり昔、利府町は、国にとって重要な場所だったということだ。
事実、利府町は、早くから人文開発があり、歴史的に重要な場所といわれている。
考古学上、歴史学上遺跡、史跡に恵まれ、特に、隣接地に、多賀城及びその関連遺跡がある。
これは利府が、古代みちのくの中心的役割を果たした地域の隣接地という土地柄を示すものだ。
また、利府町には、標高88メートルの自然地形を利用した山城、利府城がある。
伊達政宗の右腕となって大活躍した留守正景が、天正18年(1591)に、正宗から黒川郡大谷城に隠退を命ぜられるまでの約20年間、この城を本拠地としたことで知られている。
このように利府町は、小さな町でありながら、仙台の歴史、東北の歴史を内包する大器といえる存在なのである。

利府ゴルフ倶楽部が誕生するまで

利府ゴルフ倶楽部の歴史は、昭和40年代後半から始まった全国的な都市開発にあり、東北の玄関口である仙台市、また仙台近隣の町々の中でも、まだ開発が進んでいなかった利府に大きな魅力を感じたことから開発計画を決定した。

まず、昭和58年当時、利府町では、住宅都市整備公団のしらかし台開発計画が進められていたこともあり住宅事業も、その開発計画と一緒に進められることになった。120ヘクタールのうち90ヘクタールを市街化区域に変更して、1600戸の住宅建設が計画された。

さらに、昭和60年、日本はさまざまな価値観と多様化する文化のなかで、経済成長とは違った、新たな変革の波が起こっていた。もちろん仙台においてもそれは同じである。開発の過程での変革は、新しい住宅計画、また住宅とそれに隣接するゴルフ場の同時建設であった。
住宅規模を60ヘクタールへと縮小し、残りの30ヘクタールに、新たに利府町の生産森林組合他から購入借地した100ヘクタールの土地を加え、ゴルフ場用地を確保した。結果的には、生産森林組合からの土地購入は、林業不振の頃であった同組合を援助することにもなった。

「住宅+ゴルフ場」開発、これは、家だけがぎっしりと並ぶ、当時の日本の郊外住宅の概念とは一線を画す、実に個性的でユニークな計画だった。住宅とゴルフ場を同時に建設する最大のメリットは、環境整備にある。
ゴルフ場の広々とした美しい自然は、住宅にとって絶好の住環境を約束してくれる。逆に住宅のための道路整備や都市機能は、ゴルフ場にとっても大きなメリットなのだ。 この互いの相乗効果により、住宅地として住みやすく、ゴルフ場として行き届いた、言わば海外リゾート地を思わせる地区が完成したのである。

大型の地方都市として発展する仙台市に隣接しながら、開発が遅れていた利府町にとって、利府ゴルフ倶楽部の誕生は、一層のカンフル剤となったように、住宅、ゴルフ場が完成し、人々の流入が始まると、それに付随する企業、さらに銀行、スーパーが利府町に進出して来た。いま、利府町は活気を取り戻し、行政として「しあわせを実感できるまちづくり」の実現を目指しさらなる発展を目標としています。

現在から未来へ、いままた東北地区の胎動が、激しくなってきている。
本格的な国際時代を迎えた日本。

さらに中央集権の都市づくりから地方分散の都市づくりへの移行が叫ばれるなか、東北地区、宮城県仙台市は、最重要地区としてクローズアップされています。 こうした躍進とともに、利府ゴルフ倶楽部と利府町もまた発展を続けている。いままさに両者は宮城県のへそにならんとずべくそれぞれが協調し合い切磋琢磨しているのである。

※上空より利府ゴルフ倶楽部および利府町、塩竃市を望む。
航空写真