ゴルフ&ゴルフ場について|そもそもゴルフって?

ゴルフは誰もが楽しめる
スポーツです

 ゴルフと聞くと「おじさんのスポーツだ」「難しいスポーツだ」と思う人もいるかもしれませんが、実は、年齢、性別に関係なく、誰もが対等にプレーでき、 誰もが楽しめるスポーツなのです。また、日本においての競技人口は野球やサッカーに匹敵するほど多いのです!
 年の離れた先輩後輩で、夫婦で、おじいちゃんと孫で、真剣勝負ができるスポーツなんて、あまりないですよね?ゴルフ場は“み〜んなの楽しい”が 集まる場所なのです。
 そんなゴルフはよく “紳士のスポーツ”と言われます。他のスポーツとは違い、相手と点を取り合うのではなく自分の成績(スコア)を上げることを目標とする個人競技で、スコアは、なんと“自己申告制”です!
 審判がいないからこそ、自分に正直に向き合う。マナーを守り、“自分と戦う”という面白みが多くの人を魅了しています。 もちろん、プレーする時にはみんなで楽しく、時には協力しながらコースを回ります。
 競技ルールとしては、約4.3cmの小さなボールをクラブで打ってカップへ入れる、というシンプルなもの。ゴルフ場に用意された全18ホールを順に回り、できるだけ少ない打数でクリアすれば好成績というルールです。
 しかし、緻密に設計されたコース、毎日変わるカップの位置、刻々と変化する自然環境、一緒に回る顔ぶれ、そして、その時の精神状態……すべてが絡み合いプレーが進んでいきます。
 シンプルだからこそ、奥が深いスポーツなのです。