HOME > 企業情報 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

当社の会社情報の適時開示に係る社内体制の状況は、下記のとおりです。

1.会社情報の適時開示に係る基本姿勢

当社は、証券取引に関する法令および証券取引所の適時開示規則に基づき、投資者に対し会社情報の適切な開示を行っております。また、法令や適時開示規則等で必ずしも開示が強制されない情報につきましても、投資者の投資判断に資し、あるいは投資者が当社の事業活動を理解する上で有用と判断した事項につきましては、積極的に情報開示を行う方針です。

2.会社情報の適時開示に係る社内体制

情報開示の社内プロセス

  1. 当社の会社情報の集約方法については、原則として、当社子会社であるパシフィックゴルフマネージメント株式会社において月1回開催される定例の会議(取締役および部門長が参加)を通じて当社および当社グループ会社の会社情報を集約しております。
  2. 次に、当該会社情報が適時開示規則等に照らして開示が必要な情報か、あるいは上記基本姿勢に照らして積極的にすべき情報か否かの検討を、法務責任者、人事・総務責任者及び財務経理責任者が行った上で、開示が必要と判断された場合には、速やかに開示資料案を作成致します。
  3. 上記開示資料案に基づき、当社の情報開示責任者が開示内容等について担当責任者と協議の上、原則としてその承認を取締役会に諮る準備を行います。
  4. その後、取締役会において、開示内容の提案又は報告が行われ、対外発表を行う旨の承認を経た後、速やかに開示いたします。

その他参考事項

  1. 突発的に発生した事項については、当社の子会社であるパシフィックゴルフマネージメント株式会社の各業務本部の責任者より、当社取締役及び情報開示責任者に報告することとしており、緊急の場合の迅速な情報の収集と開示を含めた当該事項への対応が可能になるように体制を整えております。
  2. インサイダー取引防止に関しての取り組みとしましては、当社の社内規程「内部者取引管理規程」に基づき情報管理責任者を定め、内部情報の管理、株式等の売買その他の取引の規制及び服務に際し、遵守すべき基本事項を定めております。
  3. 開示済みの発表資料は、今後は原則として当社のホームページに掲載する等、積極的なディスクロージャーを行っていく所存でございます。